結婚式はあげるべきなのか

式をあげたくいという人もいる

結婚式をあげたくないという理由はさまざまです。そもそも高砂に上がって注目を浴びることが嫌だという人もいますし、準備の時間や金銭面が理由となることもあります。結婚式をあげるためには準備しないといけないものや決めなければいけないことが山ほどあります。仕事が忙しく時間が取れないなどで面倒に思う人もいます。また、結婚式には多くのお金が必要となります。式をあげるよりは他のことにお金をかけたいという人もいるでしょう。

式をあげる理由もさまざま

何のために式をあげるかを考えたときに、ウェディングドレスを着たい、みんなに祝って欲しいなどの理由もあると思いますが、親に対する感謝と考える人も多くいます。特に新婦は結婚すると家を出ることが多いため、両親に対して「これまで育ててくれてありがとうございます」という感謝を伝えるとともに、新しい生活へ向かうためのけじめとするわけです。それまで心配をかけたのであれば尚更、立派に成長した姿を両親に見せてあげたいことでしょう。

結婚式の主役は誰なのか

結婚式には新郎新婦、親族、友人、同僚などたくさんの人が参加するわけですが、もちろん主役は新郎新婦です。新郎新婦やその両親はホストとして、来賓の人たちをもてなす立場という面もありますが、やはり主役である新郎新婦が仲のいい人たちに祝ってもらって一生に一度の思い出にするというのがもっとも大事なことだと思います。そのため、新郎新婦が少しでも楽しめない要素があるのであれば、何がなんでもあげないといけないということはないはずです。

人生に1度きりの素敵なハッピーな結婚は、やはり気に入ったところ、思い出になるところで挙げたいものです。結婚式場を神奈川でするのであれば、横浜のみなとみらいなど、ロマンチックな場所もたくさんあります。