プロポーズをするなら婚約指輪を贈ろう

婚約指輪はいくら位がいいのか

婚約指輪はジュエリーショップで購入する場合、気になるのは金額です。これは今では大体10万円くらいから購入できるため、昔のように給料3ヶ月分も必要ありません。流石に結婚指輪よりも安い金額に設定されていて、既成品を選ぶ場合はかなり安いです。中には100万円以上するものもありますが、これは極小数のブランド品となっています。安くてもオリジナルにこだわりたい人はセミオーダーというサービスを使うと、パターンからパーツを選択できるのです。

金属アレルギーがある人はアレルギーフリーがおすすめ

婚約指輪には金属が含まれているため、金属アレルギーがあると装着できません。そこで金属アレルギーに悩んでいる方はアレルギーフリーの商品を選択するといいでしょう。アレルギーフリーの商品にはレアメタルを使っているものがあり、こちらは地球上には少ししかない貴重な素材になります。イリジウムはプラチナよりも白く、強度に関してはプラチナの数倍もある優れた素材です。表面に傷が入りにくいため末永く使える指輪になります。

工房で作るサービスもある

せっかくだから自分たちで指輪を作りたい人は、ハンドメイドサービスを行っている工房を利用しましょう。工房ではカップルで利用できるサービスを用意しており、かなり安価な料金で指輪製作ができます。その際は専門スタッフがついて対応してくれるため、物作りができない人でもアドバイスを受けながら制作できるのです。これは既成品の婚約指輪を購入するよりもかなり安上がりで、できるだけコストカットをしたい人におすすめといえます。

約八割のカップルが、結婚前に婚約指輪を渡しています。値段にはかかわらず、男性が贈る行為が女性にはうれしいのです。