結婚指輪は両家の顔合わせのとき必要か

両家の顔合わせのとき必要なもの

結婚が決まったら、両家の顔合わせを行う必要があります。結婚式当日まで顔合わせをしないのは不義理ですし、当日改めて挨拶するのが大変なためです。そのときに必要なものは、これといったきまりはありませんが、婚約記念品があるとよいとされています。婚約記念品とは、婚約の記念に新郎新婦の間で贈りあうもので、新郎からは婚約指輪、新婦からは時計や靴などを贈ることが多いです。このように記念品を贈りあうことで、婚約したという形をわかりやすく示すことができるためです。

結婚指輪は顔合わせに必要か

結婚した証として結婚式で交換するのが結婚指輪ですが、これは顔合わせの際にできていなくてもかまいません。もちろん、すでに用意できていれば持参して披露するとよいでしょう。ですが、たいていの場合結婚指輪の完成までには時間がかかるため、顔合わせには間に合わないことが多いです。そのため、必ずしももってこないといけないものではありません。婚約指輪を贈ったならば婚約指輪を持参すれば問題ないですし、婚約指輪がなくてもお互いに紹介できればそれで目的は達成されます。

顔合わせのときに行うこと

顔合わせのときには、食事をともにしながら紹介しあうことが多いです。それは、食事をしながらの方が話のネタにも困りませんし、場が盛り上がりやすいためです。レストランウエディングなどの場合、会場となるレストランを利用するのもおすすめです。

あくまで顔合わせなので、基本的にはお互いを紹介しあうことができればOKです。できれば、結婚式の費用負担についてや、結婚式についてのこだわり、当日の流れや親族についてなど、結婚式についての軽い打ち合わせもできるとベターです。

結婚指輪を成約すると、さまざまな特典がつくお店がほとんどです。値段とあわせてその特典も吟味し、一番良いと思えるお店での購入をしましょう。