結婚式安くご祝儀内で結婚式をする方法

まずは計画、予算を立てる

結婚式を安く、ご祝儀内で結婚式をする方法を紹介します。結婚式にかける平均は300万から400万です。ご祝儀は1人3万円、親戚なら5万円からと考え、人数もあらかじめ予定でいいので数えて計算しておきましょう。それが予算の金額となります。なるべく少なめに設定しておくと、あとで赤字になったと焦ることもないので余裕のある計画を立てていきましょう。どこを削るのか、どこを削りたくないのかは最初に2人で話し合っておくことをおすすめします。

手作りできるものは作る

手作りできるものはがんばって手作りしましょう。自分たちで作れるものは、ブーケ、席次表、招待状、ウェルカムボード?知り合いや友人に頼めるなら頼みましょう?、ウェルカムアイテムなどの装飾、アクセサリー、リングピロー、プロフィールやエンドロールなどムービー関係などです。手作りできるものは結構あり、かなり節約できます。その分準備が大変なので、半年前から準備を始めると安心です。ネットでキットや作り方が載っているので、まずは検索してみましょう。簡単に作れるものもたくさんあるので、なるべく手作りでいきましょう。そのひとつひとつが数万円の削減につながるのです。

家に持ち帰って改めて考えてみる

結婚式のパンフレットを見ていると、あれもこれもとオプションをつけたくなりがちです。でもひとつひとつが高いので、これをやりたいと思ったものがあっても一度家に帰ってじっくり考え、本当にそれをやりたいのか、必要かを考える時間を持ちましょう。また、これは削りたくないと思っていたものを削ると後々後悔することにもなるので、きちんとリストにしてメモしておきましょう。結果的に安くすんだからといって、それが本当に安っぽい式だったかというと絶対そうではありません。自分たちで苦労して手作りしたものだからこそ思入れは強いし、温かみのある式だと感じる式にもなります。

結婚式を安くすませたいけれど、ケチケチした式は嫌という人にオススメなのが、家族婚や少人数婚です。ゲストが少なければ費用は安くすみますし、アットホームな式になります。